大会への参加ハードルが低いことがメリット!マラソン

東京マラソンや駅伝など、テレビでも中継されることが多いイメージのある【マラソン】。これも、何かスポーツを始めたい!という人にとって「走るだけ」というシンプルな点でハードルが低く参加しやすいスポーツですよね。有酸素運動はダイエットにも良いですし、ランニングシューズさえあれば個人の好きな時間に好きなだけ行える点も魅力的です。

ただ、「走るだけ」という点で、おもしろさを感じられず継続できない人が多くいるのが難点なスポーツでもあります。また体力に自信のないという人が始めた場合、「長時間続けられない」という点でつまずいてしまう可能性があります。その場合はマラソン大会を意識する前に、ジョギングで体力をつけることから始めていきましょう。ジョギングとは、個人のペースでゆっくり走ることを指します。まずは無理せず、体力と持久力の向上を目指し慣れるまで続けてみてください。

また、ジョギングやランニングを始める際、ダイエットや体型維持・健康管理というきっかけで始める人も多いと思います。ただ、これらを目標としてしまうと、具体的な数値の変化がすぐに見られず長続きしないという場合があるでしょう。あくまでダイエットや体型維持、健康への影響は「目的」とし、目標には「走った距離、タイム」などを設定すると、毎日数値に変化を見ることができて、おもしろみを感じることができるのではないでしょうか。

毎日、または毎週走ることを継続し、体力がついたら、次はぜひマラソン大会を視野に入れましょう。順位を競うのももちろんですが、完走できるか、タイムはどれくらいかで、日々のランニングやジョギングの成果を見ることができるのはモチベーションの継続に大きく貢献してくれます。地域振興としてマラソン大会を開催している自治体などもありますので、マラソン大会への参加のついでに旅行を計画するのも、趣味を充実させる一手と言えるかもしれません。

マラソンの有名な大会と言えば、東京マラソンがありますよね。一般参加でも倍率が10倍以上の抽選があり、それを運で勝ち抜き参加できるだけでもすごいことですが、フルマラソンを完走できたとなれば人生の一大イベントとも呼べるかもしれませんよね。関西の場合、大阪マラソン神戸マラソンが有名です。ぜひ参加できそうなマラソン大会を探して、完走を目標の第一歩とし、走ることのおもしろさを見つけてみてください。おもしろさに目覚めると、ランニングシューズやウェアなどにも凝るようになるかもしれません。