紳士のスポーツとして歴史あり、ゴルフを今日から始めてみよう

【ゴルフ】と聞いてイメージするものはさまざまかもしれませんが、男子ゴルフに共通するのは、あまりスポーツには向かなそうなきっちりとしたウェアや服装ではないでしょうか。昔から「紳士のスポーツ」と言われていたように、ゴルフは服装やマナー、ルールが厳しいスポーツとされており、初心者にとってはハードルが高く感じてしまうのが事実です。しかしルールを知ってしまえば、そのおもしろさや奥深さに取り憑かれてしまうこと間違いなし!と言えるくらい夢中になれるスポーツなんです。

まず簡単にゴルフのルールを説明していきます。用意するのはボールとクラブ。クラブでボールを打ってゴールとされるカップに運んでいくのですが、このボールを打った回数をカウントして競うのがゴルフの基本的なルールです。なおカウントには空振りの数やペナルティも含まれますので、いかにペナルティを重ねないようルールを守りながら、最低限の打数でカップまで運んでいけるかを計算していきます。

ペナルティには種類がいくつかあります。既定のコース外にボールを飛ばしてしまった場合、アウトオブバウンズ(OB)と呼ばれるペナルティとなり、1打数分がカウントされます。池に落としてしまった場合も同様に1打罰のカウントとなりますが、池に落とした場合と林などに飛ばしてしまった場合では再開する場所が変わってきますので、そのルールも押さえておくと良いでしょう。

また初心者が陥りやすいミスのひとつに、バンカー内でのペナルティがあります。バンカーに入ったボールを打つ際、打つとき以外にクラブが砂に触れてしまったら2打罰カウントされるというペナルティで、これはバンカーに落ちてしまった焦りも含め、初心者が陥りやすいペナルティとされています。意識して注意できるようにしましょう。

このようにペナルティやマナーの厳しいスポーツですが、道具やウェアを揃え、マナーを覚え守ることができれば特に問題はありません。カップにボールがうまく入ったときの達成感や、大きなショットを打てたときの快感を知ってしまえば、そのときの気持ちを糧に「もっとうまくなりたい」との思いで、気づけば休日に打ちっ放しに出かけてしまっているかもしれません。

練習の上達方法などは、こちらのサイト「きょうもゴルフ日和」にも掲載されていますので、ぜひ参考にしてみてください。